なんでもない私の、ひとつひとつ。

5歳と1歳の男の子を育児中。夫のこと、息子たちのこと、趣味のこと、思いついたこと。どこにでもいる主婦の徒然。

子供の靴選び。上靴だって気を抜けないぞ、と思った話。

こんにちは。

 

今日は、靴の話。

 

私には、2人の息子(2歳・5歳)がいます。

靴に関しては、いいものを履かせたいと思ってきました。高価なブランド靴を好むというのではありません。足の形にあった、成長を阻害しないもの、動きやすいもの。という意味でのいい靴です。

二人とも足の甲が高く最初の靴はasicsのすくすくファーストがぴったりでした。歩き出しの赤ちゃんって二軸歩行なんですよね。

右に左に揺れながら歩く、一番可愛い歩き方をする時期です。横に力がかかりつつも、足全体を使うペタペタ歩きに対応するために、研究された靴なのだそうです。

 

歩き出して3ヶ月を過ぎると、今度は効率のよい一軸歩行への移行時期です。それに合わせて靴も、asicsのファーストシューズからすくすくベビーシューズへと変えてきました。膝を曲げて足を上に持ち上げ、効率よく歩くようになってくると衝撃を緩衝するために、クッション性が必要になってくるんですね。

今でも、下の子はasicsのものが合うようで、好んで履いています。上の子は、NBが履きやすいようです。

 

赤ちゃんの足の骨は柔らかいです。発達段階にある足の、柔らかい骨が硬い骨にかわり、全部そろって骨格が完成するのが11歳くらいなのだそうです。その後も成長を続け大人のサイズになるのは18歳くらいでしょうか。成長段階に合わない靴を履かせてしまうと足に不具合が発生するというのだから子供の靴選びこそ大事ですね。

 

私は、靴を選ぶ時に

①甲を締め付けることができるもの

②かかと部分に硬さがあるもの

③足幅が合っているもの

④靴底が足の曲がるところ(指の付け根)に合わせて曲がること

なんかをチェックしています。って、さも偉そうに書いてしまいました。いつも同じところで靴を買うので、担当者のアドバイス通りに買っているというだけです。

 

子供の足のことを考えている風に言ってしまった私。

実は、保育所の上靴はいっちばん安い、バレエシューズみたいなやつを履かせていました。とにかく安ければいいじゃん、みたいに思っていたんですけどね。

考えてみれば、上の子は1日のほとんどの時間を上靴を履いて過ごします。(7月〜8月は裸足保育なので例外)

 

実は今日、yahooのニュースを見て「ぎゃん!」と思ったのです。

私が見たニュースというのは「瞬足」で有名なアキレスが上靴を試験販売しているというもの。

「瞬足」ってあの、小学生がこれを履くと足が速くなる〜!と喜んで履く靴ですよね。(その程度の知識しかなくてごめんなさい。)

 

「瞬足の生みの親」と呼ばれている津端裕さんは、こう話したそうです。

「子どもたちが1日のなかで一番長く履いているのが上履きです。だからこそ、しっかりしたものを履いてもらいたいと商品展開してきましたが、『いつもの安いやつでいいんじゃない』という声も多く、なかなか浸透しませんでした。そこで、瞬足ブランドでの本格展開を決めたんです」

 出典:あの「瞬足」に上履き? 廊下は走っちゃダメなのでは… アキレスが一部店舗で試験販売「概念を変えたい」 (withnews) - Yahoo!ニュース

 

 出典元のタイトル「廊下は走っちゃダメなのに瞬足?!」という考え方が面白いですよね。そのくらい「瞬足」って走るための靴というイメージです。

 

長く履く靴こそ、しっかりしたものを。そうか、上の子の上靴もうちょっといいものを用意してあげよう。

 

下の子は避難靴だし…。いいよね、安物で。

と思ったのですが、このエピソードにドッキーン。

すでに発売されている内履き外履き兼用シューズについての話です。

2013年には、瞬足のブランド名を冠した内履き・外履き兼用シューズ「瞬足そくいく SKI0010」を発売。東日本大震災時に「上履きのまま高いところへ走って逃げたら助かった」という子どもたちの声を背景に商品化したものです。

出典:あの「瞬足」に上履き? 廊下は走っちゃダメなのでは… アキレスが一部店舗で試験販売「概念を変えたい」 (withnews) - Yahoo!ニュース

私は東日本大震災を宮城県で経験しています。あんな地震がきたら……。あの日のように、割れたガラスや落ちた瓦の上を安物の上靴で歩いたら……。

いやいや、2歳はそんな距離を歩かないだろうし、大丈夫かな。うぅ…不安になってきた。

 

瞬足の上靴、今は試験販売で2018年春からの本格販売とのことです。

子供にはいい靴を!なんていって、上靴に安物を買い続けた私、やっていることが矛盾しているなぁ。と気づいた、今日。

上靴の見直しをしようと思います。

普通のスニーカーを上履き用として用意してもいいのかなぁ。

 

瞬足の上靴の販売も楽しみです。

 

 

「月が綺麗ですね(夏目漱石)」、「死んでもいいわ(二葉亭四迷)」について本気で調べてみた。

こんにちは。りかです。今日は、都市伝説のように広がる、二つのことを調べてみました。

f:id:rkssd0717:20170816054958j:plain

 

「愛している」について

 

明治初期には、愛していますと男女が言い合うことがありませんでした。

(っていうか、今でも私は「愛している」は文語体だと思っています。みんな恋愛中に「愛してる」って言うの?どうなの?)

 

明治初期は「"I love you"を"大切に思います"と翻訳していた」と、テレビで見たことがあります。10年以上前。

この記憶がすごく曖昧だったので、ちょっとネットで調べてみました。

「大切に思います」と最初に翻訳したのは誰だろう。いつから誰が「愛しています」と翻訳したんだ?というのを知りたかったんです。(実は、前回のブログを書く際に、この内容を書きたくて調べたんです。)

 

そうしたら、ネットには2つの情報ばかりが出てくるんです。

夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳した話、二葉亭四迷が「I love you」を「死んでもいい」と翻訳したっていう話。

 

本当に欲しい情報が、こんな風に埋もれることってよくある話です。

良いと思った話は一気に拡散される時代ですからね。

調べたかったことからちょっと離れたことに興味を持ってしまいました。

 

夏目漱石は「I love you」を「月が綺麗ですね」と翻訳したのか

どうやら、夏目漱石が「月が綺麗ですね」と訳したというのは、逸話であって実際に小説をそう翻訳したわけではないようです。

有名なのは、こんな逸話。

英語教師をしていたときに、 " I love you " を「我君を愛す」と訳した生徒に対し、「日本人はそんなことを言わない。月が綺麗ですね、とでもしておきなさい」と言った。

この逸話は、twitterだけでなく、深イイ話、有名なドラマの中でも取り上げられているようです。

そんな奥ゆかしい言葉じゃ、伝わらないよ。と、思うのですが、最近は遠回しな告白の言葉に使われるって本当?本当なの?ネットの情報にびっくりしている私です。

 

 でも、この逸話って随分後になってから言われ出したようですよ。

 ネットに出回っている、一番古い出典はこれだと思うのよね、きっと。

 

『奇想天外』1977年11月号、奇想天外社、1977年11月1日発行(4-5頁)

夏目漱石が、英語の授業のとき、学生たちに、I love you.を訳させた話は、有名です。学生たちは、「我、汝を愛す」とか、「僕は、そなたを、愛しう思う」とかいう訳を、ひねりだしました。「おまえら、それでも、日本人か?」漱石は、一喝してから、つけくわえたということです。「日本人は、そんな、いけ図々しいことは口にしない。これは、月がとっても青いなあ――と訳すものだ」なるほど、明治時代の男女が、人目をしのんで、ランデブーをしているときなら、「月がとっても青いなあ」と言えば、I love you.の意味になったのでしょう。 

 参考:「月が綺麗ですね」検証

月が綺麗ですね。の出典をまとめているブログがありました。すごいですね。

 

昭和の後半の話ですが、「月が綺麗ですね」じゃなくて「月がとっても青いなぁ」ですって。

この時点で、有名な話とされているのだから、もっと前に出典があるはずとは思うのですが、突き止められませんでした。(たかだかネットで調べてるだけですしね。笑)

実際にこの目で掲載された雑誌「奇想天外」を読んで確認したわけじゃないのが悔しいところです。

どちらにしろ、昭和後期の出典しかみつからないって、不自然に感じます。

昭和あたりに、後付けされた話のような気がするのは私だけ?

 

二葉亭四迷は本当にI love youを「死んでもいいわ」と翻訳したのか?

 

 

 

二葉亭四迷ってロシア語の翻訳をする人でしょう?だから

f:id:rkssd0717:20170816043350p:plain

 

この、右側のやつを「死んでもいいわ」と翻訳したってことなのかな?(全く読めません。)

 

こちらは、出典を見つけました。
ツルゲーネフの中編小説『アーシャ』の(1857)翻訳として出版した『片恋』
(1896=明治29)という本に出てくるのだそうです。

 

国立国会図書館デジタルコレクションを調べてみます。

見つけました。「死んでも可いいわ……」

f:id:rkssd0717:20170816044956p:plain

 

私は何もかも忘れてしまって、握っていた手を引き寄せると、手は素直に引き寄せられる。それにつれて体も寄り添う。ショールは肩を滑り落ちて、首はそっと私の胸元へ、燃えるばかりに熱くなった唇の先へ来る……
「死んでもいいわ……」
アーシャは言ったが、聞き取れるか聞き取れぬ程の小声であった。

あったけれども。これ、本当に"I love you"もとい"я люблю тебя"を翻訳したものか?って話ですよね。

さて、どうしよう。

原題の"Ася"、作家のツルーゲネフ" Ивáн Серге́евич Турге́нев"を元に検索してみます。

おぅ。一番上に出てきました。それっぽいの。

Ася. #16. И. С. Тургенев.

章がわかっているので、探しやすいかと思ったのですが(16章です。)、16章の中に"я люблю тебя(I love you)"がありません。

これは、この辺りかな?というのを、google翻訳にお願いして探します。

f:id:rkssd0717:20170816052248p:plain

ここだと思うのだけれども…。

 

 

 

f:id:rkssd0717:20170816052701p:plain

 

あなたの…?

 

オンライン辞書を調べました。

f:id:rkssd0717:20170817103435p:plain

 出典:ваш - 翻訳 - ロシア語-日本語 辞書 - Glosbe

 

「あなたの……」よりも、「あなたのもの……」と翻訳したほうが、前後の意味が通じるように思います。

 

結論

二葉亭四迷はI love youを「死んでもいいわ」と訳していない。

「あなたもの……」を「死んでも可いわ……」と翻訳した。

「私は、あなたのものよ……」と読み取れますね。

それを「死んでも可いわ……」と翻訳するのはいい翻訳のように思います。

「愛しています」を「死んでも可いわ……」と翻訳するより、突拍子の無さは感じないですよね。

私はあなたのものよ、全てを捧げます=死んでもいい。

「片恋」じゃないものでI love youを「死んでもいいわ」と翻訳している可能性もあるのだけれども、ただの主婦がそれを検証するほど、時間を持ち合わせているわけでもなく。

この結論で終わりにしたいと思います!

 

最後に

このブログね。書くのに、5時間以上かかりました。

それなのに、ちょっと結果に自信がなくてね。

結局、またまたネットで調べたの。そしたら…、私と同じことをもっと丁寧にわかりやすくブログにしている人がいたってことがわかりました。

私、すでに出ている情報を、こんなに躍起になって調べてしまったわ。となんだか、嘆かわしい気持ちになっています。

でも、人様のブログを読んで、私の出した結論は間違っていない!と自信を持ったのも事実。 

全く、文学の知識のない私が自分でここまで調べたということに満足しようと思います。

 

あぁ。いつもより増して、睡眠不足になってしまったわ。

子供達の朝ごはんをつくらなければ……。

『翻訳できない世界のことば』を読んで、こんな日本語が欲しいなぁと考えた話。

『翻訳できない世界のことば』という本を買いました

少し前に『翻訳できない世界のことば』という本を買いました。去年くらいから話題になっていて、気になっていました。

見開きで一つのことばを紹介している、絵本のような本です。

今まで、買うのをためらっていました。

あっという間に読み終わっちゃいそうで、コスパが悪いかと。

でも、私はこの本の装幀が気に入っていますし、本の中のイラストも好みなんです。

ゆっくりしたペースで見られるし、ちょっとリビングに置きっ放しにしてもサマになるんじゃない?と、今さらながら買っちゃいました。

f:id:rkssd0717:20170811020037j:plain

 

明治時代の翻訳家は大変だったと聞いたことがあります。

今までの日本には存在しなかった物や概念を表す言葉がなく、たくさんの造語が作られたというのは、学校で習ったような気もします。翻訳する前にことばをつくることから始めなくてはならないなんて、想像するだけで大変ですよね。

昔に比べれば、想像もできないくらいにグローバル化した現代。

それでも他の言語で翻訳できないことばってまだまだた〜くさんあるようです。

 

翻訳できないことばこそ、その国らしいことばなんだなぁ。と、この本を読んで思いました。

 

例えば日本語の「侘び寂び」。これを説明しようと思うと「慎ましい生活の中に幸せを見出す」とか「朽ちるものを美しいと思う美意識」とか、またまた日本人っぽいことばを重ねてしまいそうです。

 

好きだったことばを少し紹介します。

 

マレー語「pisan zapra」 

バナナを食べる時の所用時間

 

時間にして、約2分くらいのことを言うそうです。

おもしろいですよね。「こっから目的地までは、バナナを食べるくらいの時間でいくさ。」 と、使うのかな?「バナナを食べるくらいの時間で、ご飯ができるよ!」というと、なんだかご飯を食べる前にバナナを1本食べたくなっちゃいます。

 

ハワイ語「akihi」

だれかに道を教えてもらい歩き始めたとたん、教わったばかりの方向を忘れた時に「akihiになった」という。

 

これ、誰にでも経験があることじゃないですか?akihiになった、というと可愛らしいような気がします。「ごめ〜ん。今聞いたばっかりなのに、わかんなくなっちゃった。」っていうと、自分の反省の念と相手のちょっと呆れる顔が思い浮かびます。akihiになった、っていうとそういうマイナス面が省かれるような…。私はこの言葉に、ケセラセラ〜のハワイ文化を感じちゃったのよね。実際にどんなニュアンスで使われているかは現地の人じゃないからわからないんだけれどもね。

 

ドイツ語「waldeinsamkeit」

森の中で一人、自然と交流するときのゆったりした孤独感。

なにこれ、素敵すぎることば〜!こういうことば、いいですよね。アウトドア派の私としては、すぐにでも使ってみたくなります。けれども残念なことに、どう発音するんだかわかりません。

キャンプしている時にね、まさに「waldeinsamkeit」を感じることがあるんです。

皆が寝静まった後、焚き火の中から聞こえるパチパチ木が割れる音と、風で葉っぱが擦れあう音しか聞こえない時なんかに。

 

ブラジル・ポルトガル語「cafune」

愛する人の髪にそっと指をとおすしぐさ。

その仕草にことばがあるなんて、ロマンチックです。 髪にそっと指をとおす仕草って聞くだけで愛おしいという気持ちが伝わってきます。

夏目漱石の逸話に「I love you」を「月が綺麗ですね。」と訳したという話がありますが、私だったら「髪にそっと指をとおした」って訳してここからはじまるエロスって感じをプンプンさせたいな。(無い事実を作っちゃってるってば、その翻訳。)

ちなみに、私はその「月が綺麗ですね。」って逸話、最近知りました。そして、それ誰かが作った話なんじゃないの?と疑っています。その辺の考察は今後のブログで。(気が向けば)

 

あれを表すことばがあれば!と思う話

ことばになって初めて、その概念を認識するってことがありますよね。ことばの持つパワーってすごい。

「サザエさん症候群」ということばを聞いた時、おぉ。私の感情はまさにこれだ!と感じて興奮した記憶があります。

こっからは、私が思う「あれを表すことばがあれば!」と思う話です。

 

飲みすぎた翌朝の気持ち

「虚無感」とも違うんですよね。自己嫌悪と不安が入り混じったような、寂しい気持ち。この気持ちに名前があったとしたら、若かりし日の私は多用していたと思うんですよね。

伝わります?きっと、わかってくれる人がいるはずって思っています。

 

旅行が終わった後の気持ち

ずっと楽しみにしていた旅行が終わった時の状態を表すことばが欲しいです。何もなくなってしまったという虚しい気持ち。昨日まで一緒にいた友達が遠くにいっちゃったような、華やかな世界から急に自分の部屋に押し込められたような孤独感。妙にテンションが低くなっちゃうあの感じ。

 

男女の組み合わせがどうであろうとも使えるきょうだい”

口語では"きょうだい"で済まされるのですが、文字にした時にこまるんですよね。男2人なら兄弟(きょうだい)で問題ないですよね。女の子2人でも問題ありません。言わずもがな、姉妹(しまい)です。

組み合わせによって、兄妹(けいまい)や、姉弟(してい)ということばがありますが、あまり使われていないがゆえの使いにくさがあります。

でも、問題はここからです。これ3人以上ならどう表せばいいわけ?となった時に、「きょうだい」でいっか。となるわけです。いきなりの平仮名です。

"きょうだい”って男女問わずに使えることばのようですが“兄弟”という漢字が先行してイメージされちゃうという問題もあるように思います。

なんだか、使いにくくないですか?

 

と、ここまできて調べてみました。英語にはsibling”ということばがあるそうです。

これは、男女の区別がないきょうだい”の意味なんですって。性的マイノリティも含んで使えるって便利じゃない?

そうそう。日本語にも、男女問わずの”きょうだい”を表すメジャーなことばが欲しい!

 

【おまけ】google翻訳で遊んでみました

sibling”という便利な単語がある英語ですが、年の上下関係なく、性のみで区別してsister、brotherと呼ぶこともありますよね。日本文化とは随分違います。

これを、googleに翻訳させたらどうなるか、気になりました。

 

f:id:rkssd0717:20170811010954p:plain

あぁ。siblingに性は関係ないはずなのに「兄弟」と翻訳されちゃった(予想通り)。

じゃあ、兄弟を翻訳すると?

f:id:rkssd0717:20170811011215p:plain

予想どおり。brotherを翻訳したら、兄弟になるんだろうね。

 

f:id:rkssd0717:20170811012036p:plain

あ、予想から外れた。兄の方だけ、選ぶのか。

他、2件の翻訳というところを開くと「弟」とも出てくるんですがね。「兄」と「弟」では全く違います。

こっからは、兄を翻訳してもbrother、brotherを翻訳すると兄、の繰り返しになります。

 

siblingという男女問わないきょうだいから始まったはずなのに「兄」という限定的なとことに行きついてしまいました。どうせ、限定するなら「カツオ」くらいまで限定して欲しかったな。(嘘)

 

文化を超えて翻訳するのって、今の時代でも難しいのかもしれないですね。

 

紹介した本

抜けた乳歯は自分で保管?それとも、将来の病気に備えて歯髄バンクで凍結保管?

f:id:rkssd0717:20170809013343j:plain

こんにちは。りかです。

間も無く抜けそうな、息子の乳歯をどうするか、考えてみました。

 

さようなら、乳歯

長男、こーちゃん(5歳)の前歯がグラグラしています。

もう、生え変わりの時期がきたのですね。

一番最初に生えてきた下の前歯。なかなかピントが合わなくて何度も写真を撮ったあの歯が抜けようとしているなんて。感慨深い成長の過程です。

 

先日「私は子供のへその緒には思い入れがないし、捨ててもなんら問題がないと思っている」ということをこのブログに綴りました。

昔からの慣例でとっておく、へその緒。

 

それに比べて、乳歯の扱いのぞんざいなこと。

昔から、乳歯は抜けると、屋根の上だの、床下に放り投げられてきました。

 

私は、むしろへその緒より、乳歯をとっておきたいです。

顔を真っ赤にして大泣きするこーちゃんを、押さえつけて歯を磨いていた時期もありました。

今でも毎日仕上げ磨きをかかさずにしている歯です。

へその緒より、ずっと思い入れが深い。

同じように思っている子育てママは多いようで、今ではかなりの人が乳歯をとっておいているんですって。

友達に聞いて見ると「え。ゴミ箱に普通に捨てたけど。」という人もいましたけれどね(笑)

 

フランスで乳歯が抜けたら!?

フランスでは乳歯が抜けると、抜けた歯を枕の下に入れて寝ます。

そうすると、夜中にねずみがきて歯を持っていくかわりに、コインを置いていってくれるんですよ。(1ユーロだったり、2ユーロだったり、プレゼントだったりと家庭によって違うようです。)サンタクロース的な、ねずみ。

フランスに住む私の姪が、日本に来ているときに歯が抜けたことがありました。

私は、姪に小さなケースを貸してあげて、その中に抜けた歯を入れました。

本当は枕の下に置いておくものらしいのですが、起こさずに歯をみつけるのが、至難の技、だということだったのでちょっとインチキ。

「日本のねずみもプレゼント置いていってくれるかな?」←妹の家庭では、コインではなくプレゼント派でした。

「きっとフランスのねずみがここまでくるんじゃない?」

「ほんと!?」

というような会話をしたことを覚えています。

妹は、夜中にコンビニに走り当時姪が好きだったキティちゃんのシールを買って枕元に置いておきました。

「キティちゃん!やっぱり日本のねずみがきたんだね。」

さて。ねずみが持っていった歯、どうするんでしょう。

ねずみが持っていったからには、子供に見られないようにとっておくのも大変ですよね。捨ててるのかな?(後で妹に聞いておきます。)

 

 

マメな性格ではない私、どんなケースに入れてとっておこうかな。

とネットで調べていたところ、思いもしない乳歯の保管方法を見つけてしまいました。

 

歯髄バンクって何!?

捨てないで!乳歯と親知らず!という見出しから始まる、歯髄バンクのホームページを読みました。

 

抜けた歯の中には「歯髄(しずい)細胞」という
驚くべきパワーを持つ細胞が隠れているのだ!!
●歯髄(しずい)細胞とは、歯の神経と呼ばれるもので良質な幹細胞が含まれています。
●病気や事故で失われた組織や臓器を元の形や機能に再生させることができます。

歯髄細胞バンク(歯の細胞) / 株式会社セルテクノロジー(ACTE)(旧:再生医療推進機構)より引用

なんと、医学はそんなところまで。

乳歯を捨てては勿体ない時代がきているんですね。

歯髄バンクへの預け方は次の2通りです。

①本人や家族が将来再生医療を必要とする病気にかかった場合の備えとして、有料で保管してもらう

②創薬や研究など再生医療の発展に利用するために、無償で寄付する(献歯は20歳以下のもののみ受付しています。)

 

預けられた歯の歯髄は、細胞の発育状態を確認しながら培養し、一定量まで増やした後、マイナス150度以下の液体窒素タンクで凍結保管するそうです。

 

骨髄では体に負担がかかるし、臍帯血からでは出産時にしかチャンスが無い。抜けた歯から歯髄を採取するって、体の負担もないし採取するチャンスも多い!

いいことずくめなんじゃないですか?

歯髄からは良質なiPS細胞ができるのだそうです。

京都大学の山中教授がiPS細胞を作り出したのが2006年。

改めて、すごいことだったんではないのか!!と思っているところです。

 

よし。ここは、息子の歯を歯髄バンクへ!と思ったものの

息子に何かあった時の為に保険で保管してあげよう!と意気込んでみたものの、なかなかいいお値段でした。

[初期登録料]10年間保管:30万円(税抜)
[登録更新料]10年間更新:12万円(税抜)

ですって。ここは、ひとつ深呼吸して静かに諦めようと思います。

お金があったならば、これ保管してあげたいなぁ。

まだ研究段階のものが多いですが、息子が大きくなった時には様々な分野で医療に使えるようになっているかもしれません。

 

しかもね、抜けてから時間が経ったものをホイホイと送ればいいわけじゃないんですって。望ましいのは、提携歯科で抜歯することのようです。自然脱落乳歯を送るもできつけれども、感染などの理由で細胞が増えない可能性があるとホームページに書いてありました。

※自然脱落乳歯でも、すぐ専用容器に入れる必要があるため、事前にケースを自宅に送ってもらうことは必須です。

 

あら。私の住んでいる宮城県には提携歯科がないじゃない。

全国結構な数の提携歯科があるのにな。

私は乳歯を「思い出保管」することにしました

乳歯の殺菌

私はあきらめて、トゥースケースを買って自宅保管しようかな。医療の役に立たないけれども、私の思い出として。

ちなみに、乳歯はそのまま保存すると雑菌が繁殖したり、変色したりしてしまいます。

オキシドールに漬けて歯についた血液等のタンパク質を分解、殺菌をするのがいいそうです。

やりかたは簡単。

①ペットボトルの蓋にオキシドールと歯をいれて一晩漬ける。

②使い古した歯ブラシや爪楊枝で汚れをとる。

③乾燥させる。

これだけで、清潔に白い歯のまま保存できるのだそうです。

トゥースケース

可愛い入れ物がいっぱい!

名入れができるものもあります。

 私はズボラだから、ぽんぽ〜んとコンパクトに詰めれるこれもいいな。雑貨屋さんで、よく見かけます。

全部入りきらないだろうから×2かな。

 

まとめ

私は自宅保管と決めたけれども、お金に余裕がある方は是非歯髄バンクへ預けてみてはどうでしょう。再生医療が発達している昨今、 乳歯の保管事情、どんどん変わっていきそうな予感です。

近くに提携の歯医者がある人は、献歯するのもいいですよね。

屋根に捨てるよりは、有意義ですもん。

 

歯髄バンクのホームページ

www.acte-group.com

酔って記憶を無くするということを、理解できない息子のために。

こんにちは。りかです。

我が家での珍事件についてです。

ちょっと下品な話かもしれません。ごめんなさい。

続きを読む