なんでもない私の、ひとつひとつ。

5歳と2歳の男の子を育児中。夫のこと、息子たちのこと、趣味のこと、思いついたこと。どこにでもいる主婦の徒然。リノベーションのブログ、始めました!

住宅ローンの本審査に通るかどうかなんて、不安になっている場合じゃないよ

こんにちは。りかです。

 

住宅ローン仮審査通過→物件の売買契約済→住宅ローン本審査結果待ちの今

先日、築21年の中古住宅の売買契約を済ませ、銀行さんへローンの審査の本申込みをしたところです。

インターネットを見ると「ローンの仮審査を通過したけれども、本審査に落ちた!」とか「仮審査を通過しても、本審査に落ちることはよくあること」なんてことを書いてあるサイトが多くあり『ひぃっ!』となりました。

このブログでも、リノベのことなんかたくさん書いちゃって、今更

「お金が借りれなかったので、賃貸に住み続けます。」

なんて宣言はしたくないなぁ(笑)。

f:id:rkssd0717:20171113152000j:plain

 

でも、銀行さんは

「仮審査の時の深刻に虚偽があったとか、新たなことが発覚したということがなければ基本的には大丈夫ですよ。」

って言うし、リノベ不動産の担当の方も

「本審査が通るまでに、車のローンを組んだとかお金を借りたとか信用情報にかかわることをしなければ問題ありません。」

と言って、内装の打ち合わせは普通に続けています。ですから、私は大丈夫だと信じることにしました。仮審査の申込内容には嘘偽りないですし、夫は健康な体ですし(団信に入れる!)現在借金は全くありません。

(後ろめたいことがあるとすれば、絶縁中の義父の会社が倒産、自己破産していることは話していないこと。でもこれって、私たちの審査には関係ないよね……?)

 

もし、ネットの「住宅ローンの本審査に落ちることはよくある!」というのが煽り記事だとしたら、本当にやめて欲しいです。私は完全に煽られてクリックして熟読しちゃったけど。私の不安な夜を返して。

 

『住宅ローンの仮審査が通っても、本審査で落ちるひとは結構います。』

この『結構』って、一体どれくらいなんだよ〜。

もはや、どのサイトが信用できるんだかもわかりませんが、住宅ローンの仮審査を通っても本審査に落ちる確率は1~3%くらいというものを見ました。5%くらいというのも見ました。どちらにしろ、この数値は「本審査に落ちる人は結構います」の数字ではなかろうと。「落ちる人は時々います」くらいじゃない?もうわかりませんから、私はただ「大丈夫、本審査を通過できるはず」と信じるのです。

そういえば、もっと前は自営業者はなかなか仮審査さえ通らないという記事を読んで不安になったこともありました。全く、ネットの情報見たってその情報が役にたったってことはなかったんですけどね。

結果はわからなくとも、進めておきたいこと

本審査が通る(と仮定する)と、やらなくてはいけないことがあります。例えば、次男の保育所への申込。

もう、本審査が通る前ですが保育所の申し込みをしてきました。同じ仙台市内なら引越し先の区の保育所でも申し込めるっていうんですから。お金借りれなかったら「てへへ、ちょっと予定が変わりまして。すみませんが入所の取り消しを。」なんて、言うことになるんでしょうね。

 

長男は4月から、引越し先の小学校へ入学です。こちらは、1月末時点の住民票を元に「入学通知書」が送付されるとのことですから、本審査が通った後に引越し先の住所で住民票の登録をすれば、問題ないようです。

 

結果はどうであれ、前向きに進めれることは進めておこうかと。

 

 

私個人の情報でいえば

何が言いたいブログなのか、さっぱりわかりません。

でも、私は煽るつもりなんてないので、もし本審査を通過したら、ここに追記するのです。

 

「夫は個人事業主を始めて3年半、法人成りして2年目(決算は1度のみ)、サラリーマンに比べるとお金を借りにくい条件の私たちです。借金はありませんが、それほど大きな儲けはありません。身内に自己破産者もいるけれども、3000万ちょっとのお金を借りれたよ!」

 

あ。通過していないのに書いちゃった。

本審査に通過しなかったら「通らなかった(涙)」という文章に変えますね。

 

誰の役にたつんだかわからない情報ですが、ネットに溢れる煽り記事より正直な一個人の情報です。

結局、審査なんて銀行によっても違うし、ひとりひとり違うものです。

私たちも地方銀行に「法人成りして3年たたなければ、申込みできません。」と、門前払いになったところもあるし、1行は審査落ちしています。地方銀行2行と、住宅金融公庫のフラット35の仮審査に通りました。一番金利の低かった銀行に借りることに決めました。

 

あ、言いたかったのはこれだ

私のように、ネットの記事を見てお金が借りれるかどうか不安になっている人に「無駄に煽られて不安になっている場合じゃないよ。試してみなければわからないんだから。」と伝えたいのです。

でも、返せない額を借りないようには気をつけないとね。それは、一番大事なことですから!