なんでもない私の、ひとつひとつ。

5歳と2歳の男の子を育児中。夫のこと、息子たちのこと、趣味のこと、思いついたこと。どこにでもいる主婦の徒然。リノベーションのブログ、始めました!

息子が感染性胃腸炎に。消毒液の作り方や、嘔吐物の処理の仕方等をまとめました。

 少し前に、次男(2歳)が感染性胃腸炎になりました。2日後、私にも移りました。

次男は、2年しか生きていないというのに2度目の胃腸炎です。

保育所で集団生活をしていると、そんなこともありますよね。

息子がかかる1日前、同じクラスで感染性胃腸炎でお休みの子がいたようです。

 

感染性胃腸炎ってどんな病気

細菌又はウイルスなどの感染性病原体による嘔吐、下痢を主症状とする感染症である。原因はウイルス感染(ロタウイルス、ノロウイルスなど)が多く、毎年秋から冬にかけて流行する。また、エンテロウイルス、アデノウイルスによるものや細菌性のものもみられる。

出典:感染性胃腸炎|厚生労働省

確かに感染性胃腸炎って、冬場にかかるイメージがあります。

夏場にかかった、次男。一体なんのウィルスだったかは不明のまま。

次男は、朝突然に飲んだ牛乳を吐きました。その後も、口に入れたものを全て吐きました。

f:id:rkssd0717:20170820040330j:plain

吐いて涙する息子を見ていると、変わってあげたい。と思うものです。

でも、自分が胃腸炎になった時には「誰か、変わって〜!」と思うんですけどね。

その日、次男の熱は微熱にとどまりましたが、次の日に38度代後半の発熱、下痢と続きました。

私もその二日後、吐き気から始まり38度代半ばくらいの発熱、下痢と続きました。

 

嘔吐物の処理

子供はその辺に吐き散らかします。大人は嘔吐物の処理をしなくてはなりません。

そういえば去年、長男が胃腸炎にかかった時、自分で袋やトイレに吐けるようになって感動しました。4〜5歳くらいになると、大人の看病もだいぶ違いますね。

二次感染を防ぐには、正しい処理が必要です。

一家全滅って、嫌だもの。

 

嘔吐物処理のために、私がつかったもの

f:id:rkssd0717:20170820032908j:plain

 

・嘔吐物を拭く時は、外側から真ん中へ向けて拭く

・拭き終わったら、床を塩素で消毒

・汚れた衣服等はバケツへ(塩素消毒か、熱湯消毒へ)

・ペーパータオルはビニール袋にいれて破棄(その際に、ビニール袋の中を塩素に浸すといいそうです。後述します。)

・手袋、マスクをポイっ!

 

コストコでまとめ買いが断然やすいショップタオル。車のオイルとふき取ったりするものらしいのですが、違う用途で使いやすい!子供のおもらしを拭いたり、冬場はサッシの結露を拭いたり、家全般のお掃除に使っています。薄手のペーパータオルのようですが、水につけて絞っても破れません。便利ですよ。

 

消毒液ってどうやって作るの?

感染性胃腸炎の消毒は、アルコール消毒では意味がありません。

塩素消毒が基本です。次亜塩酸ナトリウムを水で薄めて、自宅で消毒スプレーを作るといいですね。

 

消毒や拭き取りのための消毒濃度は200ppm以上だそうです。

厚生労働省のホームページによると、おむつや嘔吐物を拭き取ったペーパータオルやオムツのゴミも濃度が1000ppm以上の塩素に浸すといいと書いてありました。(私はただビニール袋に入れて捨てていました。ちーん。)

花王のハイターや、キッチンハイターは濃度が6%です。

消毒液の作りかたについて、500mlのペットボトルに、ペットボトルのキャップ1杯分(約5ml)のハイターを入れるというものをネットでみます。

それだと十分に200ppmの濃度を十分に超えますね。濃すぎるくらい!

500mlのペットボトルにハイターをキャップ半分で充分だ!

500mlのペットボトルにキャップ2杯分入れれば、濃度は1000ppm以上です。

でも、袋に入れた汚物には花王製品のキッチン泡ハイターをそのまま袋のなかにシュッシュとするほうが、作らなくていいから楽かもなぁなんて。

f:id:rkssd0717:20170820012213p:plain

出典:感染性胃腸炎(特にノロウイルス)について|厚生労働省

 

ウィルスは、熱にも弱い!熱湯消毒や、アイロンのスチームを充てるのもいいですね。

嘔吐物で汚れた衣類や寝具、これを全部塩素の中に浸しておくと、色落ちが心配ですよね。罹患中は、捨ててもいいと思う服を着せていたものの。

衣類は、塩素じゃなくて熱消毒がいいかもしれません。

私は、バケツに衣類を入れて熱湯を入れました。85度以上のお湯に1分以上つけてから洗濯するといいそうです。

洗えない敷布団については、嘔吐物を取り除き叩き洗いをし、アイロンのスチームを充てました。(直接アイロンと布は接触させなくても大丈夫です。)

 

見えないウィルスのことですから、絶対とは言えないのですが「夫と長男に移らなかったのは、私が消毒がんばったから!」と、家族に威張っている私です。

 

おお。厚生労働省が認可しているという消毒用スプレーがあるではないですか。

使ったことないのだけれども、こんなものを見つけました。

毎日の消毒にも使えますから、買っておいてもいいかもしれないな。

 

 こんな便利グッズも!マスク、手袋、ゴミ袋……。嘔吐の処理に必要なものが全てワンセットに!へぇ。

水分補給はポカリスウェットじゃないよ

感染性胃腸炎のときは、食べても吐いてしまうので無理に食べることもないそうです。水分も、一気に飲むと吐いてしまうのでこまめにちょっとずつ、が基本です。

ところが、小さいこはそれがわからない。喉が乾いているので、一気に飲もうとしてしまうんですよね。で、吐く。困ったもんだ。

先日、調剤薬局で

経口補水液はお持ちですか?

と聞かれました。

「あ、水分補給はアクエリアスを飲ませていました。」

と伝えると、OS-1の購入をすすめられました。

Otukaから発売されている経口補水液です。

嘔吐を繰り返しているときはスポーツドリンクよりも、経口補水液を飲むべきだと教わりました。

軽度から中等度の脱水状態の方のための水・電解質を補給・維持するのに適した病気の方向けの食品なのだそうです飲む点滴、ですね。

ドラッグストアに売っているのを見かけます。

 

感染性胃腸炎に特効薬はないけれども、休んで入れば過ぎ去ってくれる苦しさよ

ウィルス性の感染性胃腸炎には、特効薬はありません。

病院では吐き気どめ、胃腸薬、鎮痛剤を処方されましたがどれも対処療法です。

とにかく休んでいれば、あの苦しい嵐は過ぎ去っていくんですよね。 

子供からもらう感染性胃腸炎、私3度目なんですが。もう、なりたくありません。

私、すっごく楽しみにしていた方とのキャンプをお断りする羽目になり、とっても残念だったんですよね。

普段から手洗いうがいに気をつけたいところです。

 

胃腸炎にはコーラ!?

フランス人に聞いてみてください。胃腸炎というと「コーラ飲みなよ!」と言いますから。私の妹も、フランスで胃腸炎になった際に医者から「コーラを飲みなさい」と言われたそうです。

けっこう、効くよ。と妹がコーラを勧めてくるのです。

試しに、常温のコーラを飲んでみましたが。

悪くないかも

 本気で。悪くないです。