なんでもない私の、ひとつひとつ。

5歳と2歳の男の子を育児中。夫のこと、息子たちのこと、趣味のこと、思いついたこと。どこにでもいる主婦の徒然。

【キャンプギア】IwataniのカセットフーマーベラスⅡで、楽々キャンプ。

こんばんは。

キャンプが大好きなのに、子供が体調崩して中々キャンプに行けていないりかです。

次男の4月からの保育所通い。

疲れも出るだろうし、いろんなウィルスをもらってくることは仕方がないし。

ぐずぐず言っていても仕方ありません。

 

でも、やっと。やっと、GW後半はキャンプに行けそうです♪

 

そんな訳でGW後半に向けて、キャンプグッズを紹介したいと思います。

邪道と言われるかもしれないけれども、カセットコンロの紹介です!

 

 

購入のきっかけは「ツーバーナーって必要か?」とういう疑問。

皆さん、キャンプでのバーナーは何を利用していますか?

我が家は、コールマンのホワイトガソリンのツーバーナーを利用しています。

これ、確かに見栄えもいいし、寒くても火力が安定します。

キャンプ〜!!って感じはするし、長く使えるし永遠の定番な気がします。

こういうやつです。

 

オススメです!!と言いたいところなのですが、1泊〜2泊くらいのキャンプなら持っていく必要も無いかな…? と思うんですよね。

 

 何故か。

1つめは荷物が大きくなるということ。

キャンプ道具が増えてきた今、少しコンパクトなギアに興味を持ち始めています。

2つめは、ポンピングとういう作業が私にはちょっとキツイ。

夫は、キャンプは非日常を楽しむものだから、ポンピングもするよ!ツーバーナー万歳だよ!というタイプなのですが、朝は私の方が大抵早く起きます。

朝一にさっと火をつけて、朝食を作りたい。

 

そこで買ったのが、IwataniのカセットフーマーべラスⅡ!

じゃーん。

f:id:rkssd0717:20170430232812j:plain

 

なかなかスタイリッシュな見栄えですよね。

 

アウトドアに最適とされるその理由とは?

1.風の影響を抑える作り!

トップカバーが風を抑えます。

鉄板なんかを載せたい時は、トップカバーは簡単に外せます。f:id:rkssd0717:20170430233420j:plain

 

  バーナー周りが少し高いリングで囲われていて、風の影響を抑えます。風防リングというそうです。そして、炎口が小さく、細かい配置になっているのがわかりますか?

これが炎の長さが短く、風の影響を受けない工夫なのだそうです。

f:id:rkssd0717:20170430233513j:plain

 

 2.持ち運びが簡単で、省スペース!

トップカバーを閉じれば、こんなにスッキリ。

上の取っ手部分を持ち、簡単に運ぶことができます。

縦置きで自立するのも嬉しい!

f:id:rkssd0717:20170430234641j:plain

 

3.火力を落とさない工夫、ヒートパネル方式。

カセットボンベを入れる真ん中あたりに、銀色の部分がありますよね。

ヒートパネル放熱部という部分です。

これが、ボンベを適度に温めて、最後まで火力を維持し、ガスを最後まで消費することができるのです。

f:id:rkssd0717:20170430235140j:plain

 

マーベラスとマーベラスⅡの違いは?

マーベラスⅡはマーべラスの後続品です。(ってネーミングでわかるわっ。)

マーベラスもデザイン性が高くて、とっても人気だったんですよね。

どこ変わったの?というと大きい違いは【点火するつまみの位置の変更】と【色】、【持ち運ぶ時のハンドルが固定されたこと】です。

 

 

マーベラス

色がフレッシュグリーンとサンセットオレンジの二色展開。カジュアルな色使いです。

点火つまみの位置が、正面の右側。

 

マーベラスⅡ

色はシャンパンゴールド一色。

点火つまみの位置が、側面。(右奥)

f:id:rkssd0717:20170501000706j:plain

 

勧めておいてなんだけど、マーベラスⅡより、マーベラスの方がいいかも。

実は私、マーベラスを買おうと思っていた矢先に生産停止になったと聞き、後続モデルが出たら安くなるんじゃ?と期待していたんです。

ところが、後続モデルが出たら旧モデルは値上がりしているという…。

ならば、マーベラスⅡを!と買ったのですが、点火つまみって手前にあった方が使いような気がします。

限られたスペースで調理しますから、つまみが奥にあると以外と使いにくいかも。と思ってしまいました。それほど気になるわけではないし、全体的には満足しているのですが。

高くても、旧モデルを!という方、いますかね?色もポップで可愛いんですよね。

って、今見たらお安く売っているところもあるようですね。店によって金額が違います。旧型がいいなら、無くなる前に急がねば!

2017年6月7日追記:旧モデルは原産国がベトナム、Ⅱは国産です。

 

まとめ

点火つまみの位置は少々気になるところだけれども、気軽に点火できるし、使いたいところにすぐ移動できるし、キャンプが楽になりました。

カセットボンベってどこでも買えるから、便利ですしね!(ホワイトガソリンとか、ガスだとその辺のスーパーじゃ売っていないですから。)

アウトドアだけじゃなくて、自宅と兼用にできるところ嬉しいです。

我が家は2泊くらいなら、BBQグリルの火と、マーベラスだけでいけます。

(寒い時のキャンプなら、火力の面で最強のツーバーナーが欲しいかも。とも思います。時期に合わせて持っていく荷物を選択できればいいですね。)

おまけ

 スノーピークのヤエンストーブというのも、すごーく、すごーくコンパクトになっていいんですよ。

安定感も悪くないです。小人数のキャンプ、携帯性重視なら、これです!

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。