読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでもない私の、ひとつひとつ。

5歳と1歳の男の子を育児中。夫のこと、息子たちのこと、趣味のこと、思いついたこと。どこにでもいる主婦の徒然。

子供を抱きしめること。

こんにちは。りかです。

 

3月は、卒園式や、卒業式。

節目を迎えるお子様をお持ちの方、多いでしょうね。

おめでとうございます。

ママさん、お疲れ様でした!

育児はまだまだ続くけど、ここまでくるのは大変だったはず。

子供だけでなく、ママにとっても節目ですよね。

 

我が家の長男こーちゃんは、4月から年長さんです。

1歳半から保育所に通っているのですが、

来年卒業かと思うとうるうるしてきます。←早い。

 

こーちゃんが保育所に通い始めた頃は、大変なものでした。

1カ月に渡り、泣いて泣いて泣いて…。

ひたすら泣きました。

「ままーっ!!ま~ま~っ!ぶあぁぁぁ~!」

泣き声を背中に感じながら、心を鬼にして、出勤したものです。

出勤途中には、私までポロポロ涙がでてきました。

でも、成長するんですよね。

子供も私も。

こーちゃんは、今では保育所大好きっ子です。

私は、こーちゃんを保育所に預けても、泣いたりせず「よーーーし!解放されたぞ~♪」と清々しい気分になります。(←これは成長?)

 

泣いてばかりの登所から始まった、こーちゃんの保育所

 私が毎日必ずするぞ!と続けてきたとは

お迎えの時にぎゅーーーーっと抱きしめることです。

 

これ、私の子供の頃の記憶がきっかけなんです。

幼稚園にお迎えに来た私の母が、しゃがんで笑顔で手を広げてくれた記憶。

母のところへ走って、ぎゅっとされて安心したことをすごく覚えているんです。

 

保育所に預けたばかりの頃、こーちゃんは迎えに行くと急に泣き出して走ってきました。

不思議ですよね。

さっきまで楽しく遊んでいたはずなのに、私に気がつくと急に泣き出すんです。

そこで、私はしゃがんで手を広げます。

そうすると私が小さい時と同じように、こーちゃんが抱きついてくる。

ぎゅっとすると、私にも優しい気持ちが芽生えてきて、子供を愛しく感じます。

(いつも怒ってばかりなもので…。)

 

子供を抱きしめることが子供の成長に良い影響を及ぼす、というのは昨今よく話題になっていますよね。

非行に走らないとか、自立した子供になるとか、情緒が安定した子供になるとか。

私はそのことについて、必ずそうだ!とは言えませんが(抱きしめなかったら、こーちゃんがどうなっていたかは比べられないので)私の体験から、これだけは言えます。

 

ぎゅっと抱きしめられると、子供は安心するし心地がいいし愛情を感じます。

ぎゅっと抱きしめると、ママだって心地がいいし、愛情を感じます。

 

こーちゃんは、5歳になり「ままー!」と走ってはこなくなりましたが、私が追いかけて無理矢理抱きつくというスタイルで、抱きしめ継続中です。

 

イライラしている時や、忙しい時ほどぎゅーーっの効果は大きいように思います。

 

ペットセラピーならぬ、子供セラピー的な。