なんでもない私の、ひとつひとつ。

5歳と1歳の男の子を育児中。夫のこと、息子たちのこと、趣味のこと、思いついたこと。どこにでもいる主婦の徒然。

子供を虫歯にさせるのは虐待か⁉

スポンサーリンク

ショック‼次男の歯が初期虫歯!?

先日二男、はーちゃんの1歳半検診というものに行って参りました。

社交的な性格のはーちゃんは、幼児が集まる部屋でキャッキャッとハイテンションに。

微笑ましい姿に、目が細くなります。

なんだか息子の成長を感じて幸せだなあ、と思ったのもつかの間。

歯科検診で、「前歯6本が虫歯になりかけてますよ」と言われ、母子手帳には歯の絵が描いてあるページの、前歯6本部分に『co』と書かれました。

CO(シーオー)=初期虫歯

Caris Observasion の略で、放置しておくと虫歯になる可能性がある歯を指す。

実質の欠損は無いが、白濁したり茶色く細い筋が見える状態。

 

 

え?!まじか!

 

私、すごくすごくショックだったんです。

6本も初期虫歯にさせといて、親の責任だろっ。と叱られたらそのとおりなのでしょう。

何せ、毎日歯磨きしているのに、白濁した初期虫歯に気づかなかったんですから。

 

なるべく早くに歯医者さんに行き、フッ素塗布をするよう指示されました。

家に帰るやいなや、小児歯科をネットで探し診療予約をとりました。

 

そして、子供の虫歯についてネットで検索。

これは、やめれば良かった。

子供の虫歯防止策については、行政で配るパンフレットにあるような「甘いものを控える」「ダラダラ食べをしない」「フッ素塗布」「歯磨きを念入りに」というようなものしか見つけられなかったし、なにより虫歯を作るのは、子供への虐待なんて意見がずらり。普通に食事を与えて、歯磨きをしていれば1歳児の虫歯なんて考えられない、なんて辛辣な意見に胸がちくり。

 

そうでしょうよ、そうでしょうよ。

私の5歳の息子、こーちゃんは虫歯無し。甘いものだーい好きですが、白濁もなくきれいな歯をしています。毎日の仕上げ磨きはしていますが、これといって特別なことはしていません。

そして、こーちゃんの同級生の虫歯がある子(前歯が黒い子とか)の親は仕上げ磨きしてないのかな?なんてぼんやり思ったりしていましたもん。

でも、はーちゃんの仕上げ磨きは毎日してたんです!

二人目はどうしても、甘いものを早く与えがち。もし、これを読んでいる二人目三人目育児中の方がいたら、伝えたいです。

「二人目、三人目の子供の歯こそ、気をつけて!」

お兄ちゃんが食べているものを、欲しい欲しいと下の子が騒ぎだすと、ついつい…ってのがあるんですよね。ましてや、上の子が虫歯ゼロだと、これくらいなら大丈夫なんて油断に繋がってしまいます。

 

虫歯を虐待だなんて言わないで!(>_<)

不幸中の幸いだったことは、1歳半検診での結果はCOであり、虫歯であるC1ではなかったこと。治療をしなくても、メンテナンス次第で治ることもあるらしいです。

私自身、歯には苦労してきました。

息子には同じ思いをさせたくない、そう思っています。

 

1歳という低年齢でCOという診断を下された子が、虫歯へ進行しないで済むことはあるのだろうか。

ネットで探してみると(私の探し方が悪いのかも)実際の体験談は無いんです。

「1歳の時にCOと診断されたけど、治ったよ」っていう体験談を読みたかったんです。

1歳でCO、頑張ったけど2歳で虫歯になりましたっていうのはあったんですがね。

頑張ったら健全な歯になったよ!という体験談を読めば、励みになるって思ったんです。

 

ならば、自分がそんな体験談を書こう。

はーちゃんの歯の為に何をしたか、書き記しておこう。

同じように子供が虫歯のなりかけだと診断されて悩む人が、この記事をみて励みになるように…。

 

私は、虫歯にさせたくないから頑張るぞ!と心に決めました!

虫歯がない歯というのは、その子にとっての財産ですからね。

 

それでも、もしかしてはーちゃんは虫歯になってしまうかもしれない。

その時、虫歯の我が子を見て「この子は虐待を受けている」と思う人がいるのだろうか。

 

私は、子供たちを愛しています。

親失格だ、虐待だ、と言われると悲しいんです。

 

《現在のはーちゃんの歯》

普通に撮るとうまく写らなかったのだけれども、フラッシュをたくとご覧のとおり。

八重歯の白濁が特に酷い…。これに気付かなかったなんて。しょんぼり。
f:id:rkssd0717:20170313070608j:image